夏の甲子園中止・・・

競技人生を送ってきた私としては

大会を目的に生きてきたと

言っても過言ではありません

全てを犠牲にしてきました

コロナウィルスを考えると

受け止めなくてはいけませんが

直面するひとには

本当に悔しいと思います

会見で大人は

「これを糧に」

「これを誇りに」

・・・・・・・・・涙

社会人になり

「甲子園のマウンドに立ちました」と

「立つ予定でした」では

どうなのでしょう

私は競技に向かってきた人間として

チャンスがなくなるというのは

本当にツラく悲しく思いました

負けてもいいから臨みたいと思うのが

競技者なのです・・・・

どうにもならない憤り・・・

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。